NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

事前に取り決めが必要なルール

正式な麻雀のルールでも、統一されていない細かなルールが存在するので、

麻雀を始める前に必ず取り決めをしましょう。

でないと、よいと思ってアガッたもののほかのプレーヤーから

「それではアガれないよ」なんて事になったらガッカリしてしまうし、

雰囲気もあまりよくありません。

そんなトラブルを避けるためにも、

最低限下記の項目はチェックしてから始めましょう。

麻雀ルールの事前チェック項目

その1

東風戦(トンプウセン)だけで区切るのか、

半荘(ハンチャン)で終了するのかはっきりさせておきましょう。

半荘(ハンチャン)が一般的です。

その2

2人が同時にロンアガリを宣言する「ダブロン」、

3人が同時にロンアガリを宣言する「トリプルロン」を認めるのかを確認しましょう。

ルールによっては、トリプルロンは流局とする場合もあるようです。

ダブロン・トリプルロンを認めない場合は、上家が優先されます。

その3

喰いタン(チーして作ったタンヤオ)を認めるかどうかを決めておきます。

チー・鳴いてタンヤオのみでアガッて、「それはダメだ!」なんて事がないようにしましょう。

その4

ヤキトリの有りを決めておきましょう。

ヤキトリとは、決められた局数のうち1回も

アガル事が出来なかった人がペナルティーを支払うというルールです。

その5

ワレメの有り・無しを決めておきましょう。

ワレメとは局の開始時にサイコロを振って、

牌を取り出す位置に座っている人の点数の収入・支出を2倍とするルールです。

その6

ピンフとツモの複合を認めるかを取り決めましょう。

ツモの場合はピンフを認めないというが

昔の原則的なルールだったのが、近年では認めるケースも多くあります。

その7

大三元、大四喜、四槓子を確定させる最後の牌を

捨てた場合に発生する「責任払い・包(パオ」の有無を取り決めましょう。

事前に取り決めが必要なルール