NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

麻雀とは?

麻雀とは中国起源の室内遊戯で、牌(パイ)を用い通常3~4人でプレーします。

麻雀のルールは決してシンプルではないので、

覚えておかなければならない事がたくさんあります。


ここでは、まず麻雀がどんなゲームなのかを分かっていただくため、例を出して解説していきます。

皆さんポーカーはご存知だと思いますが、ポーカーも大人数で遊べますし、

手札の技を競って勝敗が決ります。

手札に何も技が無ければ「ブタ」といって最弱の手となりますし、

フルハウス、フォーカードといった強い手を持っていれば勝てる確率も高くなってきます。

麻雀もこのポーカーと似たところがあり、ポーカーではトランプを使っていますが、

麻雀ではこれが牌(パイ)と呼ばれる物になります。


ポーカーは常に5枚のカードですが、麻雀の場合は常に13枚、

牌(パイ)となります。


ポーカーでは技と呼びましたが、麻雀では「役(ヤク)」と呼びます。

めったに出来ない作るのに困難な役(ヤク)で上がれば

当然高得点を獲得できるわけです。


麻雀の役(ヤク)はたくさんあります。

ポーカーと異なるのはまず、ポーカーの場合フルハウスであると、

ツーペアもフルハウスもなくなってしまいますが、麻雀ではそうではありません。


麻雀ではいくつもの役(ヤク)を同時に換算することが可能で

その役を知っていると自分のパイの集め方、攻め方の可能性が一気に拡張します。

ゲームの目的

麻雀ではばば抜きのような勝った人から抜けるというルールではありません。

ばば抜きでは誰かが勝っても、ゲームを進行して

最終的にジョーカーを持っている人が負けとなります。

ばば抜きはゲームに飽きたりすればやめることができます。

しかし麻雀は違います。麻雀では誰かがそのゲームをアガル

その時点で、そのゲームは終了して次のゲームへと進行します。


ここで覚えて欲しいのは、

麻雀には「親(オヤ)」と「子(コ)」が存在する事です。

まず麻雀をプレーする前にはこの親(オヤ)を決めるのです。


親の決め方は別ページで紹介しますが、

仮にあなたが親(オヤ)になったとします。

親(オヤ)はサイコロを振ったり、親(オヤ)の時に

アガルと他人「子(コ)」よりも点数が高いなどの規則があります。


他の人が勝てば親(オヤ)の権限は次の人に渡ります。

通常は4人でプレーするので、

自分の親(オヤ)の権限が他人へと渡ってから、

もう一度自分に親(オヤ)がくるまでには

最低あと3回ゲームをプレーする事になります。


4人全員に親が回ることを「東場(トンバ)」と呼び、

2順目を「南場(ナンバ)」と呼びます。

2順目の「南場(ナンバ)」が終了した時点で

1ゲーム=半荘(ハンチャン)が終了したという事になるのです。

半荘(ハンチャン)が終了した時点で、

一番高得点を獲得した人が勝ちとなるのです。