NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

流れ

ドラも分かり、理牌(リーパイ)を終え、

手牌を整理したら、次はざっとした流れを覚えましょう。

基本的には、配牌(ハイパイ)した時点では14枚、は13枚の牌を手元に持っています。

まず親が1枚余分に牌を持っているので、これを場に捨てるところからスタートします。

牌を取る順番は左回りなので、南家(ナンチャ)の人が

牌を牌山から取り、いらない牌を場に捨てます。

順番に、親・東家(トンチャ)⇒南家(ナンチャ)⇒西家(シャーチャ)⇒北家(ペーチャ)⇒親・東家(トンチャ)・・・と続いていきます。

※前の人が牌を捨てる前に、牌を引いてくるのは違反です!

牌の捨て方は下記の図のように、6枚ごとに下へと置いていきます。

これを参考に、条件が合えば

ポン、チー、カン、ロン、ツモなどを宣言すれば、ほぼ基礎は大丈夫ということになります。