NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

ドラ抜き

3人打ちで採用する特別なルール、ドラ抜きについて解説します。

前項(3人打ち麻雀)でも解説したとおり、3人麻雀には北家が存在しないため、

北牌に特別なルールを設けています。


北を手牌にツモってきた場合、加槓(カカン)と同じ要領で

北を卓上の横に出して嶺上牌をツモることができるのです。

また卓上に出した北はドラとして扱われ、アガレば1翻ついて来ます。

これも3人打ちが4人打ちに比べて高得点を狙える確率が高い理由の一つにあります。

これをドラ抜きと呼びます。

この北は必ず抜かなければダメ!いうルールはありません。


国士無双四喜和七対子+字一色の複合は

北が必要なアガリ役なので、これらの役で上がる場合は北を持っていなくてはなりません。

もちろん、北を捨てることもできます。

捨てればせっかくのドラとしては扱われないので、あまり捨てる意味はないでしょう。


北は国士無双四喜和七対子+字一色を作る場合にも、

ポン・カン(明槓・暗槓)はできません!

たまに知らずに鳴いてしまう人がいますが、認められません。


国士無双四喜和七対子+字一色がテンパイしていて、

北でアガリの場合は、他の人が抜いた北であがることができます。

もしドラ表示牌が西の場合、北を1枚ツモッて抜くだけでもう2翻もついています。


私は点数がよく動く方が気持ちいいので、3人打ちを好んでします。

まだ3人打ちを経験した事ない方はぜひ一度お試し下さい♪