NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

親決めとは

座る場所がきまったら次は親決めをします。

まず仮東の人がサイコロを振ります。

麻雀ではサイコロを2個使うので、サイコロの目が出る可能性は2~12となります。

仮東(カリトン)の人がサイコロをふったら、

仮東(カリトン)から左回り(反時計回り)サイコロの目の数番目の人が、

2回目のサイコロを振ります。上の図では1+2で3が出ました。

よって、↓のようになります。

2回目のサイコロが2+4で6となります。

2回目のサイコロを振った人から左回り(反時計回り)

サイコロの目の数番目の人が親になります。

これで親が決定しました。親以外の3人は子と呼ばれます。

親は自動的に「東家(トンチャ)」となり、

左回りに順に南家(ナンチャ)、西家(ナンチャ)、北家(ペーチャ)となります。

この〜家というのは、役牌(ヤクハイ)に関係します。

親決めに関するポイント

親の場合、アガッタ時に得点が1.5倍になるメリットがあります。

親のときには安い点数でも

早くアガル!という人も多いです。

逆に、子がツモでアガッタ場合は親が多く払わなければいけません。