NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

テンパイとは

テンパイとは後1牌でアガリになる状態を呼びます。

面前(メンゼン)テンパイになれば

立直(リーチ)をかけることができます。

テンパイではない場合をノーテンと呼びます。

両面(リャンメン)待ち

アガリの基本として覚えておいて欲しい、両面(リャンメン)待ちは、

連続する2枚の数牌(シューパイ)の両端で待つことを言います。

 か 

待ち牌

両面(リャンメン)待ち

2枚の数牌(シューパイ)間の牌を待つ待ちのことです。

待ち牌

両面(リャンメン)待ち

「1.2」もしくは「8.9」(下の例では8.9)の数牌(シューパイ)があり、「3」か「7」を待つことです。

待ち牌

両面(リャンメン)待ち

対子(トイツ)が2つあり(下記では北と4万)、そのどちらかが刻子(コーツ)となるように待つことです。

 か 

待ち牌

両面(リャンメン)待ち

アタマになる牌を待つことです。

待ち牌

両面(リャンメン)待ち

待ち牌が3種類以上ある場合を多面待ち、または多面張と呼びます。

 か  か 

待ち牌

よくアタマがテンパルなどと言いますが、これは麻雀からきている言葉です。

多面張(ターメンチャン)のテンパイになれば

自分も待ち牌が分からずに頭が混乱するし、

立直(リーチ)をかける場合も多く必然的に場のムードは高まり、

緊張感が訪れ、このパニック状態がテンパルと称されるわけです。

テンパイ