NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

東場(トンバ)・南場(ナンバ)

前頁では、麻雀では親の権限が2周回り、

半荘(ハンチャン)を終え、そこでゲームが終了する事を解説しました。

麻雀では、最初の親が1周するを「場」と読んでいます。

最初の親が1周する場を東場(トンバ)と呼び、

親の2週目の場を南場(ナンバ)と呼びます。

よって、親がアガリ続けてなかなか半荘(ハンチャン)

終わらない時などは、「まだ、1周目?」ではなく、

「まだ、東(トンバ)?ぜんぜん南場(ナンバ)に入らない」などと言うことがあります。

場は役牌(ヤクハイ)に大きく関係するので覚えておきましょう。

東場(トンバ)の時に、を3枚か4枚集めると、1飜の役になります。

同時に南場(ナンバ)を3枚か4枚集めると、1飜の役になります。

「自分の風」も覚えておきましょう。上の図をご覧ください。

親の権限を持つ人は必ず東家(トンチャ)になります。

これを風と呼ぶので覚えておきましょう。

前項でも解説したとおり、1局が終われば次のゲームへと進み、

条件を満たしていれば親の権限とともに、この風も動きます。

自分の風を3枚か4枚集めると、1飜の役になります。上の例では、

Dさんは、Cさんは、Aさんはを3枚か4枚集めると、

1飜の役になるということです。

東場(トンバ)・南場(ナンバ)