NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

3人麻雀・三人打ち

麻雀は基本的に4人でプレーするものと思っている方も少なくありません。

しかし三人打ち専門の雀荘も存在するように、3人でも麻雀は出来ます。

「3人打ちじゃないと麻雀は打たん!」という人もいるほど、

3人麻雀は人気があります。


三人麻雀(さんにんまあじゃん)は、略称で三麻(サンマ)とも呼ばれ、

4人麻雀と比べると点数の高い手が出来やすいため、

熱狂的なファンも多く存在します。


4人打ちとはルールが異なるので、ここで解説していきたいと思います。

3人麻雀・三人打ちの解説

3人打ちでは基本的に萬子の二〜八を抜いた

27種(赤5入りで29種)108枚の牌を使います。


4人打ち麻雀とのルールの違い、

3人でプレーするので北家がなくなります。

早上がり防止のためチーができません。

3人なので東1局から南3局までとなります。


萬子は1と9のみを使用するので必然的に三色同順は消滅します。

ドラ表示が一萬の場合は、九萬がドラとなり、九萬がドラ表示牌の場合は一萬がドラとなります。

赤5・赤ドラ・花牌を採用する場合が多い。


ツモあがりでは北家が存在しないため、

北家から貰える分が無くなり点数が低くなります。

途中流局がありませんので、5つ目の槓は宣言できません。

北は抜きドラになります。


以上代表的な3人麻雀の場合のルールを挙げてみました。


3人麻雀は萬子の2〜8を抜いてしまうため、

ホンイツ、チンイツなど高得点の手が大変作りやすく、

ギャンブラー?的な高点数がよく動く試合を好む人には向いているかもしれません。