NET麻雀 MJモバイル
アーケード麻雀の最高峰「MJ」がついに登場!
牌や手の動きをリアルに再現し、圧倒的な臨場感が味わえます。

立直(リーチ)とは

リーチ

立直(リーチ)とは面前(メンゼン)で宣言する事でできるアガリ役です。

1翻役

ポン、チー、明槓(ミンカン)している状態では立直(リーチ)できません。

立直(リーチ)の例1


↑自分で持ってきた牌↑

例えばこの場合、面前(メンゼン)であれば、

を捨てれば+が待ち牌となるテンパイとなります。

あなたは「立直(リーチ)」と発声して、を捨てることができます。

立直(リーチ)のかけ方

面前(メンゼン)でテンパイしたら、立直(リーチ)と宣言して、

捨てる牌(パイ)を横に向けて場に捨てます。

さらに自分の1,000点棒(リーチ棒)を場に出します。

リーチ棒はアガッた人がもらう事ができ、誰もアガラなかった場合は供託されます。

+

立直(リーチ)のメリット・デメリット

【メリット】

麻雀は役がないとアガル事が出来ませんが、

立直(リーチ)自体が1飜の役となる上に、一発・裏ドラのおまけもついてきます。

【デメリット】

手を変えられない、1000点棒を出さなければいけないなどの

デメリットがありますが、これはネガティブに考えた場合のデメリットで、

基本的にリーチをかける事自体、メリットだと思います。

複合役

ピンフ、タンヤオなどのほとんどのアガリ役との複合が可能です。

とにかく面前(メンゼン)であれば、基本的には立直(リーチ)をかけるので、

基本のアガリ役ともいえます。

立直(リーチ)